福祉に関わる研修について

福祉は医療や介護や児童など多岐に渡るものです。
ボランティアなどで、福祉に携わることがよくありますが、知識を基礎においた活動はより幅が広がります。
それには研修や講義を受けることで、正しい知識や方法が身につくからです。
介護や介助は知識とともに練習や技術が必要なものです。
障害者の人と関わるときも、障害についての基礎的な知識があるのとないのとではかかわりや介助に大きな開きがでます。
それを少なくするために、研修を行い、人材を教育していくことが必要なのです。
研修を受けることで今まで知識のない状態から変化します。
そして見方や関わり方が変わってきます。
福祉といえば、障害者というひびきがありますが、関わるためには基礎的な知識が必要なのです。